--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 編集
2014'02.03.Mon

異世界だと思ったら崩壊した未来だった~神話の時代から来た発掘師~

サイト:小説家になろう 異世界だと思ったら崩壊した未来だった~神話の時代から来た発掘師~
原作:オリジナル
ヒロイン:複数
属性:長編 連載中 俺TUEEE ハーレム 評価A

男子高校生の主人公・空はアルバイトとしてお隣の高科さんが用意した試作シェルターで2週間生活することになる。
そのシェルターは緊急時には時間を止めて救出を待てる代物だったのだが、そのバイト期間中に大きな縦揺れが空とシェルターを襲った。
慌てて外に出てみると、そこは見覚えのない大森林で……。

タイトルにある通り主人公が未来に時間移動してしまう話です。
未来世界では文明レベルは退化していますが、“気”の概念が存在し気の力によって身体能力は上がっていますし寿命も長くなっているようです。
そして、主人公は常人とは隔絶したレベルの気の量を持っていて、気の扱い方を習っていくことで常人を遥かに越えた能力を発揮する様子。
自力トリップ~ある科学者の異世界成り上がり~と同じで、設定に気安い突っ込みどころがありますが、わざとそういう風に書いている感があるんですよねぇ。
そういうスタンスとかも自分の好みだなぁと感じます。

tag : 長編 連載中 俺TUEEE ハーレム 評価A

スポンサーサイト
オリジナル小説トラックバック(0)  コメント(0) 編集
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。