--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 編集
2015'04.30.Thu

今日の読書メモ エルフ・インフレーション ~際限なきレベルアップの果てに~など

エルフ・インフレーション ~際限なきレベルアップの果てに~
革新の調9
コリンという名前の少年は人間への憎しみに囚われておらず、冒険者になりたい理由もエルフを差別しない孤児院を建てるため……真人間ならぬ真エルフですね。彼もエルフインフレーションされてエルフリードの一員になるのか…?

古代魔術師の第二の人生(修正版)
第231話
 ドラゴン退治は楽勝なのが続くのかなと思ったら、連携して襲ってくる厄介なドラゴンたちに遭遇。ドラゴンの種族名が出てきませんが、小型でゴーレムナイトもわりとあっさり倒すくらいに強い。でもリーンハルト本人はダメージを受けてないし、魔力切れみたいなことが起こらないかぎり倒しきれるのではないかなという感じがする。

スポンサーサイト
今日の読書メモトラックバック(0)  コメント(0) 編集
2015'04.27.Mon

今日の読書メモ 銭(インチキ)の力で、戦国の世を駆け抜ける。など

銭(インチキ)の力で、戦国の世を駆け抜ける。
第二十四話 戦国の世の女スーパードクター
 藤吉郎の妻・ねねの不妊治療を今日子が施します。外科手術までできるのか……今日子さんマジ万能。しかし光輝の娘に茶々とか名付けてますが、これって正史で秀吉の妻になったあの淀君なのでしょうか? 偶然の一致か、それとも……?

古代魔術師の第二の人生(修正版)
第228話
 本当はアースドラゴンを討伐済みなのに、ワイバーン狙いだと嘯き注目を浴びるのを避けようとするリーンハルト。ペロッ、この小説はコソコソTUEEEの味だ。今回はさらに格上のツインドラゴンが登場。アースドラゴンより手間取りますが、それでもリーンハルト本人は無傷で撃破。もう討伐以来は果たしているのでレベル上げに勤しむようです。さらに上のドラゴンが出てくるのでしょうか。

今日の読書メモトラックバック(0)  コメント(0) 編集
2015'04.26.Sun

今日の読書メモ ななしのワーズワードなど

ななしのワーズワード
Lycanthropes Liberation 11
 ワーズワードとパレイドパグの話をシャルが聞いてたっぽい? 天真爛漫なのが彼女の魅力というのに、この後彼女は落ち込んだ様子になってしまうのか。これは辛い。というか帰るではなく還ると表現したことに特別な意味はあるのでしょうか。

クロの戦記
第17話『鬼の霍乱』
 やべえ、アリッサがどんなかキャラだったか思い出せない。呼び出された殺戮者の方のアリッサをイメージしてしまう。クロノにまたハーレムが1人増えるようです。これだけたくさんの人数をカバーするとかクロノの負担の大きさを思って、ハーレム描写を素直に喜べない。クロノもティリアのように神威術で精力を回復する描写とかあったっけ…?

今日の読書メモトラックバック(0)  コメント(0) 編集
2015'04.25.Sat

今日の読書メモ アイシールド21 強くてニューゲームなど

アイシールド21 強くてニューゲーム  
28th down 帝黒学園
 アイシールド21の漫画は序盤を読んだだけで、キャラについてはほとんど知らず。とりあえず今回登場した小泉花梨は女の子なのに高校生で一番の俊足QBだそうです。アメフトはよくわからないんですが、結構無理のある設定を持ってきたように思います。花梨はセナに憧れているようで、物語のハーレム感が高まりました。

古代魔術師の第二の人生(修正版)
第225話
 毒虫に噛まれた男たちに遭遇。毒消しポ―ションで助けます。狩りをしている最中に他の人間と遭遇するとトラブルになるんじゃないかと警戒してしまいますね。アースドラゴンは既に退治しているので、後は金策とレベルアップを目的に逗留し続けるということなのかな。

今日の読書メモトラックバック(0)  コメント(0) 編集
2015'04.24.Fri

今日の読書メモ 銭(インチキ)の力で、戦国の世を駆け抜ける。など

銭(インチキ)の力で、戦国の世を駆け抜ける。
第十八.五話 お市の新地家生活
 お市が新地家に馴染む様子を書いた会。光輝は戦う描写が今まで全然なかったですが、新地家最強の今日子と鍛錬しているならそれなりにやれそうですね。清輝は太平記の登場人物を全員女性化している新刊を製作しているようです。漫画でしょうか? 恋姫無双的な作品で、戦国時代に文化的な革命を起こすのか…?

さようなら竜生、こんにちは人生
第百二十四話 時の女神、戦神
 アルガスとクロノメイズを憑依させたゴーレムとハルトの持つ剣の精霊(だっけ?)であるバルホース、キリシャナとの戦い。脇役同士の戦いということで、ドランが直接相手をボコる描写に比べると爽快感はないものの、それでもそれなりに楽しめた。トカゲといっしょのヴァンクレスや本作のアルデスなど、笑いながら相手と戦うキャラは最近のお気に入り。

今日の読書メモトラックバック(0)  コメント(0) 編集
2015'04.23.Thu

今日の読書メモ ななしのワーズワードなど

ななしのワーズワード
Lycanthropes Liberation 10
 ニアヴがワーズワードの群兜マータに。こういう小恥ずかしい描写を読者の心に訴えかけるように丁寧に書ける作者さんには敬服する。読んでいるだけで赤面してしまうのに、これを書くとか、うわああああ。大分溜まって来たからまとめて読んだけど、ワーズワードの微ハーレム感は人肌で温めたハンペンのように私にとって丁度よく感じます。

古代魔術師の第二の人生(修正版)
第224話
 ドラゴン種を討伐することが今回の依頼の目的でしたが、わりとあっさり討伐してますね。“異常に大きくて強いのが出て、苦戦しながらなんとか撃破”→“持ち帰ったら今までにギルドで扱ったことがないほど巨大”→“ギルド員やほかの冒険者が驚嘆して主人公SUGEEE”みたいのが異世界ファンタジー系のテンプレだと思うので、この後にすさまじく巨大なのが出て、リーンハルトが苦戦するかも?

今日の読書メモトラックバック(0)  コメント(0) 編集
2015'04.22.Wed

今日の読書メモ 呼び出された殺戮者など

呼び出された殺戮者
122.Tumbling Dice
 一二三さんは変質した手について何らかの見解を掴んだようです。エルフだけではなく魔人との共通点が? どう対処するのでしょうか。そして我らがフォカロルのマスコット、アリッサが負傷。これはフォカロル軍が大混乱に陥る…?

銭(インチキ)の力で、戦国の世を駆け抜ける。
第十六.五話 桑名視察
 ハマグリウメーな回。多彩なハマグリ料理尽くしとか今日子さんは出来た嫁です。次は伊勢海老目当てに志摩に進撃? ただ光輝の場合領土的野心がないので、攻められるか信長から命令がないかぎり、自分から攻め込むことはしないんだろうな~。

今日の読書メモトラックバック(0)  コメント(0) 編集
2015'04.21.Tue

今日の読書メモ 古代魔術師の第二の人生(修正版)など

古代魔術師の第二の人生(修正版) 第222話
 「俺達は『シックスウォーリアー』だぜ!」などと得意げにのたまうドキュンパーティーが相変わらず出没。アクアを寝取られたと思っているため、リーンハルトにちょっかいをかけてきますが、リーンハルトが魔法で剣を出して見せるとあっさりと白旗を挙げます。ワーズ村の門番によると下級冒険者が有力冒険者に肉の壁として雇われているそうなので、彼らも肉の壁になることはほぼ既定事項のようです。合唱。

さようなら竜生、こんにちは人生
第百二十三話 絶望は越えられぬから絶望か
 ドランから召喚されないことで泣き喚くカラヴィスとアレキサンダー。完全にギャグ要員ですね。アルデスとクロノメイズはゴーレムに憑依しハルトを圧倒。そして締めはドラン。うん、いいTUEEEだった。

雑記トラックバック(0)  コメント(0) 編集
 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。