--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 編集
2015'12.15.Tue

今日の読書メモ 古代魔術師の第二の人生(修正版) 第341話

古代魔術師の第二の人生(修正版)
第341話
 風呂に入っている間、メイドから洗ってもらうなどの奉仕を受けるリーンハルト。嬉しいより圧倒的に恥ずかしいが買ってる模様。ザスキア公爵はガチのショタ好きなのに、リーンハルトはそれは擬態だと勘違いし続けてますね。ある意味勘違い系でしょうか。その後、ローラン侯爵の奥方として一癖ありそうなキャラが出てきました。彼女はリーンハルトをどう評価するのでしょうか。

スポンサーサイト
今日の読書メモトラックバック(0)  コメント(0) 編集
2015'12.09.Wed

今日の読書メモ よみがえる殺戮者 35.伯爵の依頼

よみがえる殺戮者
35.伯爵の依頼
 ビロン伯爵の企てに一二三さんが乗っかり、伯爵領内の皇国兵たちを一二三さんが一掃するようです。何らかの経済的なメリットで一二三さんを釣ろうとしてもピクリともしませんが、殺戮という餌をちらつかせればあっさりですね。皇国兵は一二三さんの刀をくすねようとしたりその後の発言などで傲慢さがちらつき、私のヘイトがたまっていたので少し溜飲が下がりました。しかしビロン伯爵はサブナクの縁者ですか。多分もう一二三さんには逆らえないという意識がDNAに刻み込まれてるんでしょうね。

今日の読書メモトラックバック(0)  コメント(0) 編集
2015'12.08.Tue

今日の読書メモ 目指せ!!カルネ村開拓 王都騒動編《魔王・吸血鬼襲来(仮)》

目指せ!!カルネ村開拓
王都騒動編《魔王・吸血鬼襲来(仮)》
 セバスがとある娼婦を匿っていたことからトラブルに発展し反逆が疑われる事態に。原作と違いここでその娼婦がニニャの姉であるらしいことが明かされ……と二次創作の醍醐味的な原作キャラを救済する展開に向かいます。クレマンティーヌも生存してるしねぇ。一方イビルアイたち蒼の薔薇は謎の仮面の男女と遭遇し、戦いに。虫の大量発生の件といいマッチポンプしたり偽装したりする展開はやや苦手ですがそれでもおもしろさのほうが勝るのでまだまだ読み続けます。

 今日の午前9時くらいに艦これの秋イベE5丙をクリアーしました。11時からメンテで秋イベ終了だったからギリギリでした。練度やら武装やらがしょぼすぎて甲勲章は全然無理でしたね。当然グラーフツェッペリンも拾えませんでした。E4のボスは丙ですらA評価がやっとでS評価とか無理だし。でも初めて季節イベントに本格参加しましたが、連合艦隊組んだりでいつもと違うワクワク感を堪能できたのでとても楽しめました。最後に嵐を拾えたのも嬉しかったです。艦これはこれからもPC作業の合間などに少しずつやっていこうと思います。

今日の読書メモトラックバック(0)  コメント(0) 編集
2015'12.07.Mon

今日の読書メモ ネトオク男の楽しい異世界貿易紀行 第141話 新店は進展の香り

ネトオク男の楽しい異世界貿易紀行
第141話 新店は進展の香り
 マリナ回。日本で手に入れた宝石をネックレスにしてプレゼントします。“なにせ、基本的に宝石=精霊石なのだから”と書いてあって精霊石と宝石はおんなじなのか違うのかよくわからなくなってきた。地球ではお金に困ってないだろう夢幻さんが精霊石を欲しがっているということはやっぱり別物でいいんですよね。過去回に説明があったかもしれませんが、何度も読んでいるわけではないので忘れました。そして新店ではついに日本刀を売るようです。これぞ日本人が主役の異世界ファンタジー作品の醍醐味ですね~。

今日の読書メモトラックバック(0)  コメント(0) 編集
2015'12.06.Sun

今日の読書メモ よみがえる殺戮者 10.訓練の日々

よみがえる殺戮者
10.訓練の日々
 エルフから買った馬に乗る一二三さん。銃を扱う盗賊に襲われるが、馬の進路を不規則に動かすなどしてかわしいつもどおり血祭りにあげます。銃と聞くと基本、接近戦で戦う一二三さんはピンチなんじゃ……と思いますが、今のところ全然そんな様子はないですね。ヴィーネはプーセやシク、ヨハンナなどから教えを受けながら魔法の訓練をしています。オリガさんは懐妊で出歩けないので、魔法をマスターした後はヴィーネがサポート役として帯同するようになるんでしょうね。

今日の読書メモトラックバック(0)  コメント(0) 編集
2015'12.05.Sat

今日の読書メモ 童貞オークの冒険譚 第111話 手詰まり

童貞オークの冒険譚
第111話 手詰まり
 酒場で暴走したクライアが羞恥に震えます。精神を同化させるというのはやはり危険な技なようですね。使っている最中の描写もなんとなく忌避感が漂いましたし、心根のまっすぐなクライアにはあんまり使ってほしくないなと読んでいて感じました。ヴォルゴたちもそういう姿勢のようです。その後、とある出来事が起こりきな臭くなってきました。新たに出てきたエルフも一枚噛んでいるのでしょうか?

今日の読書メモトラックバック(0)  コメント(0) 編集
2015'12.04.Fri

今日の読書メモ 義の刃足る己が身を 生の極み

義の刃足る己が身を
生の極み
 7月で更新が止まってましたが、11月に投稿があったようなので読みました。だいぶストーリーを忘れてます。戦っている敵勢力は兵数が多いようですが、関籍と呂布とが仲間な時点で負ける気がしないんだよな~。でも作中でも書かれてますが、関籍は見方を無条件に信用しすぎる点があるので、裏切りには注意ですね。その点、李儒とかはアレな人物なようだから、アレしてよかったのかもしれない。

今日の読書メモトラックバック(0)  コメント(0) 編集
2015'12.03.Thu

今日の読書メモ 古代魔術師の第二の人生(修正版) 第329話

古代魔術師の第二の人生(修正版)
第329話
 エムデン王国アウレール王の御前に重臣たちが集まり、ハイゼルン砦の攻略状況が報告されます。最初にビアレスの敗北やら部下の自国領民への狼藉などが明かされ、アウレール王が激おこぷんぷん丸のムカ着火ファイヤー状態に。しかしザスキア公から新たな報告がもたらされ…。こういうリーンハルトではない第三者の視点もいいものですね。リーンハルトは英雄のように扱われ民からの人気も鰻登りのようです。ただ、こういった単なる一部下が民からの評価が高すぎるというのは、為政者としておもしろくない状態なのではないでしょうか。これがもとでリーンハルトと国王の比較的良好に見える関係にひびが入らなければいいのですが。

今日の読書メモトラックバック(0)  コメント(0) 編集
 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。