--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 編集
2016'01.25.Mon

ダンジョンに潜るのは意外と楽しい

サイト:ハーメルン
原作:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
ヒロイン:
属性:長編 連載中 現実→作品 評価B+

 ボクサーだった23歳の男性が気がつくとオラリオに。
 姿は子供の頃に戻ってしまい、ヘスティアに誘われヘスティア・ファミリアに加入する。

 主人公は元ボクサーだけあって拳で戦う異色の冒険者になりますが、スキル“超超回復(カプレ・リナータ)”のおかげで、ダメージを負えば負うほど超回復でステータスが伸びていきます。
 そのためレベルが1のままなのに一部ステータスはSSランクとアンバランスな状態に。
 (原作をあまり知らないのでステータスとレベルの相関関係とかよくわかりませんが。)
 レベル1とは思えない戦闘力ではあるものの、レベル5のアイズよりはかなり下なようです。

 主人公はポジション的には転移前の実年齢の高さもあってかベル君の兄貴分という立ち位置です。
 ただ、主人公がアイズと交流したりということもあって、ベルが主人公を慕いながらもライバル心を持っていたりもするので、それが表面化する出来事があったりもします。
 アイズ登場時に“恋愛フラグはまだ立ってませんが”と書いてあったので、これからフラグが立つのかもしれません。

tag : 長編 連載中 現実→作品 評価B+

スポンサーサイト
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかトラックバック(0)  コメント(0) 編集
2016'01.03.Sun

今日の読書メモ 古代魔術師の第二の人生(修正版) 第360話

古代魔術師の第二の人生(修正版)
第360話
 なぜリーンハルトはそれほどの魔法技術を持っているのか? という疑問が国王からも持たれていましたが、レティシアが出てきたことで、そのことに対するとりあえずの解答が出てきたようですね。確かに人間よりも遥かに進んだエルフと関係があるとなれば、とりあえず周囲は納得してくれるようです。というか、先日のレティシアにはかなり冷や冷やしました。リーンハルトが転生者ということはレティシアしか知らないはずですが、そのことに対してあまり重要視していないせいで、うっかり口を滑らせかねない勢いがありました。転生前のリーンハルトの悲惨な生涯について同情して思いやってはいるのですが、価値観についてはずれがあると感じました。しかしリーンハルトはレティシアについては濡れ衣にも関わらずなぜアーシャやジゼルに対してそこまで狼狽するのか。女性関係になるとすっかりYOEEEになってしまうリーンハルトにはヤキモキしてしまいますね。

雑記トラックバック(0)  コメント(2) 編集
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。