--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 編集
2015'03.05.Thu

呼び出された殺戮者

サイト:小説家になろう
原作:オリジナル
ヒロイン:1人?
属性:長編 連載中 現実→異世界 俺TUEEE 内政 評価A+

 幼少の頃から武術の修練をしてきた青年・遠野一二三は、ある日異世界に召喚される。
 しかし直前に神を名乗る存在から武神の加護を与えらていたこともあって、自分を利用しようとした召喚者の国王たちを難なく虐殺してしまう。
 生き残った姫であるイルメリアを利用しながら、一二三は殺戮を繰り返し世界に混沌を巻き起こそうとしていく。

 対人能力が極端に高い一二三が襲ってくる人間たち相手に俺TUEEEする小説。
 しかし一二三は野蛮さや粗野といった印象がなく、ただ人殺しを楽しみたいだけで物腰はわりと紳士的。
 彼を嫌悪し排除しようとする人物に対しても、それを理由に悪感情を向けることはありません。
 むしろ自分をにどんな風に殺しに来るんだろうと、むしろ喜々として歓迎するタイプ。
 なんとも度量が大きく特殊な魅力を持っているキャラだなと思いました。
 おもしろいのは本人は殺戮することしか考えてないのに、気がつくと内政が大成功しているところ。
 決して内政小説ではないのですが、テンプレ内政ものを読んでいる不思議な読み心地があります。
 ちなみに無常感はあるかもしれませんが感動とかカタルシスはほとんどありません。
 自重しない一二三さんのフリーダムな冒険を、ただただ素直な気持ちで楽しめばいいと思います。

tag : 長編 連載中 現実→異世界 俺TUEEE 内政 評価A+

オリジナル小説トラックバック(0)  コメント(0) 編集
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Next |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。