--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 編集
2015'05.09.Sat

今日の読書メモ 古代魔術師の第二の人生(修正版) など

古代魔術師の第二の人生(修正版)
第238話
 “僕こそサリアリス様に出会えて幸せです。”とまで考えるリーンハルト。美少女ハーレムものだと思っていたが、実はメインヒロインが老婆のサリアリスな気がしてきた。この二人が絡む描写はとても微笑ましい。そしてリーンハルトに絡むときの本気具合から、準ヒロインはデオドラ伯爵が挙がってきている。

呼び出された殺戮者
129.In The World Like This
 ヴェパルやプーセとの一二三さんに対する心象に対する違いから、ヴィーネがマジ泣き状態に。一二三さんはたまに殺戮してしまう以外は公平で気のいい人だから、ふわっとしたからは評判良いんですよね。ヴィーネはシビアな環境から救ってもらったから英雄のように崇めていてなおさらでしょう。ヴェパルは最初の頃は一二三にぞっこんだったけど、今は引いて見てるのかな…。

今日の読書メモトラックバック(0)  コメント(0) 編集
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Next |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。