--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 編集
2015'12.03.Thu

今日の読書メモ 古代魔術師の第二の人生(修正版) 第329話

古代魔術師の第二の人生(修正版)
第329話
 エムデン王国アウレール王の御前に重臣たちが集まり、ハイゼルン砦の攻略状況が報告されます。最初にビアレスの敗北やら部下の自国領民への狼藉などが明かされ、アウレール王が激おこぷんぷん丸のムカ着火ファイヤー状態に。しかしザスキア公から新たな報告がもたらされ…。こういうリーンハルトではない第三者の視点もいいものですね。リーンハルトは英雄のように扱われ民からの人気も鰻登りのようです。ただ、こういった単なる一部下が民からの評価が高すぎるというのは、為政者としておもしろくない状態なのではないでしょうか。これがもとでリーンハルトと国王の比較的良好に見える関係にひびが入らなければいいのですが。

今日の読書メモトラックバック(0)  コメント(0) 編集
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Next |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。