--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 編集
2016'02.27.Sat

今日の読書メモ 古代魔術師の第二の人生(修正版) 第392話

古代魔術師の第二の人生(修正版)
第392話
 ヘルカンプに食い物にされるメルルの顛末。
 リーンハルトは同情的な一方、ザスキア公爵は特に同情はなく批判的に見ていたようです。
 メルルは貴族社会の一員なのだから、ヘルカンプの寵愛を受けているという状況のメリットをうまくいかして立ち回るべきだったのかもしれません。
 私はリーンハルトと同じくメルルは不憫に思えてしまいます。
 リーンハルトを恨むのではなく、助けを求めてきたのなら、彼がなんとかしたような感じもしますが。

今日の読書メモトラックバック(0)  コメント(0) 編集
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Next |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。