--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 編集
2016'02.28.Sun

今日の読書メモ ゲート ドヴァーキン彼の地にて斯く戦えり 第16話

ゲート ドヴァーキン彼の地にて斯く戦えり
第16話
 ドヴァーキンという名前の響きからして、荒っぽい人物なのかと思いきや、丁寧口調の物腰の柔らかい人物というのに不思議な感じ。
 ただロウリィと喜んで戦りあってるし、戦闘狂の一種なんでしょうね。
 次回は原作だとロウリィ無双で、本作ではそれにドヴァーキンも絡みそうですがエタってそうなのが残念です。

今日の読書メモトラックバック(0)  コメント(1) 編集
Next |  Back

名無しさん

ドヴァギンは歴史の節々に現れる英雄であり、ドラゴンボーン(竜の血族)や皇帝の血族などのことですね。
彼らは竜の叫びや類いまれなる身体能力、その高い知性(例外有り)で数々の難関を乗り越える勇敢な戦士達です

2016/04/14(木) 02:32:01 | URL | [ 編集]

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Next |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。